沿革

1868年 (慶応4年)

 

1882年  (明治15年)

1892年(明治25年)

1929年(昭和4年)

1952年 2月

1973年 4月

1978年  3月

     4月

1980年 2月  

        9月

1981年  8月

1982年 3月 

     4月

1984年 5月

     6月

1985年  9月

1986年 3月

1987年  5月

1989年 3月

1991年 3月

 

1992年 9月

    10月

1993年 10月

1994年  2月

1995年  8月

1996年 5月

1998年 12月

1999年 10月

2000年  6月

     7月

2002年  4月

2003年 1月

     3月

2007年  7月

2008年  3月

2013年 10月

 

    11月

2014年  5月

      7月

2015年  4月

     5月

      9月

    11月

2016年  4月

      6月

     9月

    10月

      11月

2017年 2月  

     4月

        5月

     6月

     9月

2018年  1月

      2月

        7月

    10月

2019年 2月

     7月

    10月

武田遺臣系直参旗本(江戸期大谷口周辺支配)土屋馬之丞 を

大願主として平戸弁天(いぼ弁天)を再建。

 

後継 土屋匠作 が宮大工として創業。

神社仏閣の造営を業とする。

 

新明神社(松戸市大谷口260-2)再建。

 

後継 土屋喜作 稲荷神社(松戸市旭町2丁目)造営。

後継 土屋喜和雄 山喜の前身となる有限会社三協鉄工 設立

(鉄骨工事や鋼材販売を業とする。)

常磐線・武蔵野線同時に新松戸駅開業

3月18日 有限会社山喜商事 を松戸市新松戸1丁目197番地に設立

(総合建築・不動産を業とする)

土屋喜和雄 代表取締役就任

土屋ひで 取締役就任

山喜第1ビル 松戸市新松戸1-197(現:山喜コーポ) 竣工

山喜第2ビル 松戸市新松戸1-199(現:本社ビル) 竣工

本社を現在の松戸市新松戸1丁目199番地に移転

山喜資材置き場 竣工

 

駐車場管理台数500台突破

山喜工作場(松戸市新松戸北1-16-12)竣工

多目的スペース 山喜会館 竣工

山喜社員・職方・お客様の親睦を目的として山喜会を創設

(花まつり・BBQ・日帰り、宿泊旅行・ゴルフ・忘年会etc.)

商号を有限会社山喜へ変更

駐車場管理台数1000台突破

土屋和久 取締役就任

山喜会 会員数250人突破

駐車場管理台数2000台突破

山喜第3ビル 松戸市新松戸1-243(現:フォーレスト山喜) 竣工

山喜第5ビル 松戸市新松戸北1-16-10(現:山喜タウン) 竣工

駐車場管理台数2500台突破

山喜第6ビル 松戸市新松戸1-245 竣工

新松戸土地計画株式会社 設立

土屋喜和雄 代表取締役会長就任

土屋和久 代表取締役社長就任

山喜会 会員数350人突破

有限会社ティー・エイチ・ケイ 設立

駐車場管理台数3000台突破

公式ホームページ 開設

山喜会 会員数400人突破

水道工事部を切り離し分社化 新松戸設備株式会社 設立

山喜第7ビル 松戸市新松戸北1-12-1(現:新松戸設備株式会社 本社)竣工

山喜・新松戸設備 建築資材センター 竣工

駐車場管理台数3500台突破

尾身幸次 財務大臣・本清秀雄 自民党千葉県支部幹事長 来店

サブリース契約取扱い開始

 

山喜初の実業団チーム 山喜テニス部 創設

中村祐樹 選手(プロ)山喜テニス部 加入

和田恵知 選手 山喜テニス部加入

TOGAKUまつど女子オープンテニス 協賛開始

LIXILリフォームネットに加盟

大和リビング株式会社のD-partner 加盟

金城充 選手 山喜テニス部加入

森下圭太 取締役副社長就任

土屋慶汰 取締役就任

賃貸・駐車場管理システム入替え

公式ホームページリニューアル

平成28年度 千葉県実業団リーグ戦Aリーグ(千葉) 優勝

第31回 関東実業団対抗テニスリーグ戦(茨城) 優勝

第31回全国実業団対抗テニストーナメント(広島) 優勝

テニス日本リーグ初出場(横浜・神戸・東京)予選リーグ敗退

長船雅喜 選手(プロ)山喜テニス部 加入

SYSテニスクラブ公式Facebook 開設

第50回 新松戸山喜千葉県テニス選手権大会 開催

SYSテニスクラブ オープン(スポーツ事業スタート)

松戸市体育協会より優良団体として表彰

笹井正樹 選手(プロ)山喜テニス部 加入

野口政勝 選手(プロ)山喜テニス部 加入

テニス日本リーグ決勝トーナメント初進出

テニス日本リーグにおいて全国7位となる。

沼尻啓介 選手(プロ)山喜テニス部 加入

インターハイ3冠(2018年) 白石光 選手山喜テニス部加入

西脇一樹 選手(プロ)山喜テニス部加入

テニス日本リーグにおいて全国4位となる。

松尾 友貴 選手(プロ)山喜テニス部加入

元鹿島アントラーズアルシンド氏来店